改行1つでブログの良し悪しが変わる?

今回は、改行の効果について解説します。
 
ブログを書くときに何気なく使っている改行。その改行が、ブログの良し悪しに大きく影響しているコトをご存知ですか?
 
適切な箇所に改行が入っていると、ちょうどいい余白ができ、文章全体がスッキリ見えます。

一方で、改行していない文章はどんなに分かりやすい内容であっても文字が凝縮して見えるので「難しい」「固い」と認識される傾向にあり、気軽に読んでもらえません。
 
改行の使い方次第で、ブログの印象は大きく変わりますので、是非参考にしてみてください。
 

 

前提条件

パソコンからブログを見る人もいれば、スマホからブログを見る人もいます。

読者が見ている画面の大きさによって、同じ文章でも折り返し地点は変わり、記事の行数が変わるので注意が必要です。

以下の例のように、パソコンでは4行の文章でも、スマホで見ると8行で表示されます。

 

文章の区切りで改行する

文章が詰まっている悪い例と、一区切りで改行している良い例を紹介します。
 

icon-exclamation-circle ここでワンポイント
3~6行以内の改行を心掛けることで、文章がスッキリとします。

 

 

文の切れ目で改行する

次に、文の切れ目で改行を行う方法です。

前提条件で説明したとおり、文章を短く区切ることで、ブログをパソコンから見てもスマホから見ても同じ印象を持たせることができます。

 

最後に

いかがですか?
改行1つにしても、印象が変わりませんか?

ご自身の記事が、携帯から、PCからも「読みたい」を思わす空間(余白)があるのか?常に意識してみてください。