ザイアンスの法則とは?

 

 

ザイアンスの法則とは?

アメリカの心理学者であるロバート・ザイアンスが提唱した法則で、心理学の世界でザイオンス効果であったり、単純接触効果とも言われています。

この法則をざっくり説明すると

icon-check-circle 知らない人に冷淡な対応をする
icon-check-circle 会えば会うほど相手に好意を持つようになる
icon-check-circle 相手の人間的な側面が見えると感情が深まる

といった感じです。

 
 

身近な例で言うと

テレビCMなどの広告で使われています。

例えば、テレビや雑誌でよく見る商品には親しみを覚え、初めて見る商品には疑いや抵抗を感じた!といった経験はありませんか?

このように、私たち人間は接触頻度が増えると、無意識に相手に好意を持ってしまう特徴があるのです。

 
 

注意すること

ザイアンスの法則には、接触回数が増えるほど好意を持つという特徴がありますが「知らない人に冷淡な対応をする」という一面も持っています。

あなたのことを知らない相手であれば逆効果になってしまうこともあるでしょう。

 
 

まとめ

紹介してきたように、相手と親しくなりたいなら接触頻度をあげることです。ただし、一方的な接触は逆効果になることもあるので気をつけましょう。